SPECIAL INTERVIEW

2016年3月にシングル『あっちむいて』でメジャーデビューを果たしたSwimyがKnockin’on TVA Festivalに登場! 人気アニメ『銀魂°』のEDテーマに決まった瞬間の裏話、高校時代の思い出、大好きな音楽を仕事にするために選んだ進路など……4人の過去と、夢を叶えた今に迫った!

個性をもって音楽の世界を生き抜く

——この4人でバンド活動を始めたきっかけを教えてください。

Takumi ベースヴォーカルの平成のまおと僕(ヴォーカルギター Takumi)が同じ高校の軽音楽部に所属していて、そこで一緒に組むことになりました。あと、平成のまおとドラムヴォーカルのみっけが幼馴染で。

平成のまお 保育園から一緒です。

Takumi ギターコーラスのタイキロイドも、僕たち男同士が高校生の時にBUMP OF CHICKENさんとか、憧れのアーティストのコピーバンドを一緒にやっていて。学生時代から一緒に過ごしてきた4人が一緒になって始まりました。

——なるほど。『Swimy』というバンド名の由来はなんですか?

Takumi 僕が小学生の頃に習った『スイミー』という物語があるのですが、その話がすごく印象的で、自分の個性を活かした生き方をしているドラマに惹かれたんです。僕たちもしっかり自分たちの個性をもって「この音楽の世界を生きていくぞ!」というイメージで『Swimy』と名乗らせていただきました。

「じゃあ誰が歌う?」

——楽曲はどのように制作していますか?

Takumi 作詞、作曲を担当しているのが僕なのですが、基本的には曲を先に作って、いつも歌詞が完成するのが遅いので困らせることが多くあります(笑)。

平成のまお レコーディング当日の時もあるよね(笑)。

Takumi ギリギリまで悩むんです。それでレコーディング当日にメンバーに教えて……でもメンバーも語呂がわからないんですよね、歌のリズムに歌詞がどう当てはまるのか。だからうまく歌えないのは当たり前なんですけど、ちょっとイラッとするっていう。僕が遅いのに(笑)。

一同 (笑)。

Takumi 「なんでうまく歌えへんねん!」みたいな。

みっけ ある~。

——ヴォーカルが3人いらっしゃいますが、メインを担当する人やパート分けはどのように決めているんですか?

Takumi もともと僕と平成のまおが始めた軽音楽部のバンドが母体となってSwimyができているのですが、その時にいた別のヴォーカルが進路やなんやらでバンドを辞めたんです。その状態から「じゃあ誰が歌う?」って一悶着ありつつの「ここ歌うから歌って」みたいな感じでメインヴォーカルが3人に増えちゃいました。基本的には譲り合いというか、その場で話し合って……消極的な決め方ですね。「ここ歌うのはあなたがいいんじゃないかな?」みたいな感じが多いです。

みっけ 「歌って歌って!」って。

見てくれるその「目」に届けたい

——『あっちむいて』の歌詞には「手」と「目」がたくさん出てきますが、どのような意味が込められているのでしょうか?

Takumi そうですね……。この曲でデビューが決まってからも歌詞を考え直すことが多くて、結構変えたんです。たくさんの人に届ける事を自分の中で意識した時に、やっぱり聴き手の顔を想像しました。僕たちはライブハウスで自分たちの音楽を聴いてくれる人たちと直に会うので、対面するお客さんが僕らに「手」を上げてくれたり、叩いてくれたり、こっちを見てくれるその「目」っていうのはとても印象的なんです。そういう人たちにより届けたい、ライブでも届けたいっていう思いがすごくあって。だから「手」や「目」という表現が多くなったのかなと思います。

——衣装やヘアメイクが特徴的で素敵だなと思うのですが、それぞれこだわりはありますか?

みっけ こだわり……あ、このクマさん。これ結構こだわりなんです。

Takumi もともとは他の候補の衣装に付いてたんだよね。

みっけ そうです、でもどうしてもこいつが忘れられなくて。「こいつ、こっちの衣装に付けられますか」って言ったら、こっちに来ました(笑)。

Takumi え、メンバー的には「こだわりはメイクよりこっち(クマ)なんだ!」って思ったけど(笑)。

みっけ こっちこっち!メイクは家で適当に落書きしてたら「これいいんちゃう」ってできたものなので。メイクよりクマさんの方がこだわりです!

平成のまお タイキロイドは、その蝶ネクタイとメガネ、あと半パンっていう、揺るぎないこだわりがあるよね。

Takumi 夏でも冬でも。寒そうだよね。ちょうど『あっちむいて』の撮影の時はほぼ冬だったから。

Takumi平成のまお 僕たちは、特にありません(笑)

大きい不安の中で勝ち取った喜び

——この『あっちむいて』が人気アニメ『銀魂°』のEDテーマに決まった時の心境は?

平成のまお びっくりしました……。

Takumi そうですね、びっくりしましたね。

平成のまお 全然信じられなくて、放送される当日くらいまで4人ともちょっと半信半疑でした。本当に流れるのか?って。びっくりを通り越して呆然としてしまいました。

Takumi こんな感じでアニメのエンディングテーマって決まるんや……って。この曲がいきなりデビュー曲だったので、この業界でキャリアを積んで「ようし、じゃあ『銀魂°』のエンディング行くか!」みたいな、満を持してる感じではなかったので。ある意味すごい強烈な経験ができたかなって思います。とにかく嬉しくて、僕はその報告を受けた時は滋賀にいたのですが、ひっそりと泣きましたね。

みっけ え~、初耳や!

平成のまお 絶対嘘やと思う(笑)。

Takumi いや、まじまじ!

みっけ 嘘やろ(笑)。

Takumi え!逆に何、そこまで感動しなかった?(笑)

平成のまお めっちゃ感動したよ!

Takumi 泣かない?

平成のまお 泣きはしなかった……。

みっけ ハンバーグ食べてたから、あとでゆっくり考えよう、みたいな。

一同 (笑)。

Takumi こういう業界やバンドって「あなたたちには必ずこういう席を用意します」「こういう風にデビューさせてあげます」っていう約束があるわけじゃないので。常にいつどうなるかわからない状態で、ひとつそういう結果を勝ち取れたというのは、僕らにとっても不安が大きい中で、ひとつの喜びだったので、本当に感慨深かったですね。

いつでも逆転できる

——高校生の頃、どんな学生でしたか?思い出も一緒に教えてください。

タイキロイド ボクハ ブカツヲ ヤッテイナカッタノデ、ダレヨリモ ハヤクカエッテ、ギターヲ ヒクヒビヲ スゴシテイマシタ。

Takumi なるほど。

タイキロイド オモイデハ、ボーカルノタクミト ジンセイハツノ バンドヲクンダコト。ソレガイチバン オモイデニ ノコッテイマスネ。

みっけ やっぱりドラム。私は軽音楽部でドラムをやっていたんですけど、あんま記憶ないんですよね。結構前なので……。

Takumi 僕は高校生活を4年間過ごしました。簡単に言えば留年したんです。学校が真面目な校風の学校で、留年した人が卒業した前例があまりない学校でした。でもそこで僕は残ると先生に言ったら「下の学年にとんでもない悪影響を及ぼす。お前はマイナスのスタートなんだ。またゼロから高校一年生をスタートできるわけじゃないんだぞ」とすごく怒られたんですが、それでも残ったんです。
そこから自分はマイナスだと思いつつも、新しい学年で友だちを作って、勉強も頑張って、トップクラスの成績を取ったこともあったんですよ。先生に言われたことが悔しくて。そしたらその先生が、学年が上がるにつれて「お前は学年で一番優秀や!」って言ってくれて。なんか、いつでも逆転できるんだぞ、落ちこぼれでも、みたいな。そんな学生生活でした。

平成のまお 私はTakumiが2回目の高校1年生の時に入学して、同級生になりました。ひとりすごい柄が悪くて目つきの悪い人がいるなあって思ったのがTakumiやったんです。すごい怖かったんですよ。留年して友だちもいないので、多分怯えていただけなんですけどね。「この人、喋れるんやろか……」ってくらい悪い印象だったのに、まさかのギターを弾いて歌い出して。その姿を見て「すごい!」と思いました。それが私が軽音楽部に入ったきっかけです。留年してくれたおかげで同じ学年になって、結果的に軽音楽部で一緒にバンドを組むことになりました。高校生活は毎日放課後、音楽室でバンドをやっていました。勉強より部活の思い出ばかりです。その日々があって、ずっとバンド続けて、今もこうして続けて、今に至ります。

Takumi 僕たちは、学生の時の生活が今の生活に大きく影響を及ぼしていると思います。

平成のまお そうですね、軽音楽部がすごい楽しかったなあっていう思い出です。

好きなことを続けるには……?

——高校卒業後の進路について考え始めたのはいつ頃からでしたか?

みっけ ……進路について考えたことない。

Takumi えっ、考えたことない?

みっけ ないです。

Takumi でも進学はしていったわけやんか、専門学校に。どうやってその進学先を決めたの?

みっけ 適当……ノリです(笑)。

Takumi ノリで(笑)。「音楽やりてーなー!」って?

みっけ 音楽はずっと好きやったんで。小さい頃もピアノを弾いたり、高校の軽音楽部ではドラムをやったり。でも何もやりたいこともないし、せっかくなら音楽やりたいな~って感じです。

Takumi 「ミュージシャンになりたい」って実態が掴めない夢じゃないですか。『すごく微かな夢』というか。どうやったらなれるのかもわからないし。だから、自分が音楽を続けられることを最優先に考えて、大学に進学しました。高校進学の時も軽音楽部があることを条件に学校を探したので、常にそういうことが大事でした。

平成のまお 私もそうですね。高校の軽音楽部に入ったらバンドが楽しすぎて……もともと高校卒業したら就職する予定やったんですけど、どうしてもバンドが続けたくて。バンドを自由に優先的に続けるには学生の方が良いんじゃないかって考えて、急遽先生に進学したいって言いました。だからもうバンドを続けるためみたいな感じで大学に進学を決めました。

タイキロイド ボクハ コウコウサンネンセイノトキニ、オンガクノセンモンガッコウニ イクコトヲキメマシタ。ソノトキハ バンドハ ヤッテイナカッタンデスケド、トリアエズ ギターヲヤリツヅケタイトオモッテ、ボクハ シンガクヲキメマシタ。

——好きなことを続けたい!という強い気持ちがあったんですね。それぞれの人生で、ターニングポイントとなった出来事はなんだと思いますか?

Takumi 僕は完全に留年ですね。それがあったからSwimyを組むことができたので。

タイキロイド ボクハ イッショニ バンドヲ クンダコトデスネ。タブン ヤッテナカッタラ イマハ ゼッタイニ ナカッタトオモイマス。

平成のまお 結構最近なんですけど、去年の8月に4人で滋賀から引っ越したんですよ。メジャーデビューすら決まってない状態でぽんって出てきて……それかな?

みっけ 確か小学生の時に、いとこのおじさんにドラムをもらったんですよ。それがなかったら絶対にドラムはやっていなかったと思います。いとこの家の倉庫にほこりまみれのドラムがあって「これやるわ~」って……ドラムはそこから始めたので、それがなかったらずっとピアノをやっていたと思います。

——なるほど。ちなみに、それぞれ小さい頃の夢はなんでしたか?ミュージシャンですか?

Takumi プロ野球選手です!

タイキロイド ハヤイ。

みっけ 小さい頃……セーラームーン?

平成のまお 歌手ですね。

タイキロイド カクレンジャー デスネ(笑)。

みんなで一緒に楽しめたらそれでいい

——ライブで盛り上がる鉄板ソングや振り付け、掛け声はありますか?

Takumi デビューシングル『あっちむいて』はクラップするところが多いので、その曲が一番盛り上がっていると思います。

——初めての人でも気軽にできますね!ライブを通してファンの方々に伝えたいこと、感じてほしいことはなんでしょうか。

Takumi それぞれが日々いろいろな思いを抱えながら生きていると思うんですが、ライブではそういったものが一切合切関係なくなるというか……。地位だったり、歳の差だったり、どんな生活を送っているかとか、そういったものがライブのフロアでは一切関係ないと思うんです。現実からちょっと離れたところにみんなで一緒に行って、楽しめたら僕はそれでいいかなと思います。

——それでは最後に、今後の活動目標を教えてください。

Takumi そうですね~、紅白に出たいです!

平成のまお ミュージックステーションに出たいですね!こいつら何言うてんみたいに思われてるかな?あはは(笑)。

Takumi 「オカン!俺、将来歌手になりたい!ミュージックステーションに出たい!」みたいな、小学生の目標みたいな感じになってますけど、それを実現できるようになりたいと思います。

みっけ ライブハウスでも、やっぱりワンマンツアーとかしたいよね?

Takumi そうだね。全国各地にしっかりと行けるようになりたいですね。

Swimy information

おひとりさま
ミニアルバム
2016.6.29発売
¥2,000+税
BVCL-730

あっちむいて
シングル
¥1,200+税
BVCL-703

http://www.swimy-web.com/